ヒューマントレジャーサポートオフィス

おすすめに従って気付くこと

2016年2月22日

こんばんは。将棋で人事労務® を伝える文京区の社会保険労務士 山岡 です。

いつもお世話になっている経営者の方からおすすめいただき、早稲田駅近くの穴八幡宮に行ってきました。

穴八幡宮は、商売繁盛や出世、開運にご利益があるとされ、穴八幡宮で授かる「一陽来復(いちようらいふく)御守」には守らなければいけないルールがいくつかあります。

冬至、大晦日、節分、この3日の内の都合のよい日の夜中の12時に、その年の恵方に向け反対側の柱か壁の高い所に御祭りします。一旦御祭りした御守は一年間動かさないようにします。

これらを理解したうえで、節分(2月3日)の夜中の12時(2月4日の0時)ちょうどに、御守りを壁に貼り付けようと、午後11時頃から御祭りする場所や方向等を確認し、あとはそのときを待つだけでした。

念のため「117」に電話をかけて時報を確認したところ、事務所の電波時計が合っていないことが判明…(汗)

どうやら、電波時計が電波を受信していなかったようですが、幸いスマホの時計は合っていました。

スマホを見ながら貼り付けるのは大変なので、午後11時58分頃にあらためて「117」にかけると、まさかの話中…

何度かけても繋がりません。

「117」に繋がらないということは、全国で同様のことをしている人が大勢いたのかもしれません。

結局、頼みの綱のスマホを見ながらカウントダウン。

なんとか無事に貼り付けることができました。

御祭りする日時が指定されていることに驚き、さらに「117」に繋がらないのも初めて経験し、少しだけ(自分も含め)人間の心理を垣間見たような出来事でした。

これから1年間(と言っても今年の冬至までですが)、気持ちを引き締めて日々過ごしたいと思います。

anamachimangu

当事務所へのお問い合わせ

当事務所のサービスについて何かご不明な点や、お困りのことがございましたら、お電話またはお問い合わせフォームにてお問合わせください。

なお、労働者派遣事業の許可申請のご依頼、有料職業紹介事業の許可申請のご依頼は、資料をお送りします関係上「お問い合わせフォーム」よりお問合わせください。

「ヒューマントレジャーのウェブサイトを見た」とお伝えください。
Top