ヒューマントレジャーサポートオフィス

一番好きな秋田弁

2017年2月1日

こんばんは。将棋で人事労務® を伝える文京区の社会保険労務士 山岡 です。

先日秋田に帰省した際に、両親と一緒に30数年ぶりに近所の小料理屋さんに行ったときのことです。

お店の女将さんが覚えていてくれて、

「あいや〜どごの山岡さんだど思った〜なづがしな〜」

と話しかけてくれ、それだけでも嬉しくて、私が、

「このブリ大根、うめな〜」

と言うと、

「なんもだ〜それはおだぐさんがだが、健康で良い気が満ぢでるがらだ〜」

と返してくれました。必要以上に否定も謙遜もせず、こちらを持ち上げてくれるような返答に思わず感動しました。

そう言えば、私が一番好きな秋田弁(東北や北海道弁かも)は、

「なんもだ〜」

です。

「なんもだ〜」は、

どういたしまして、とか、気にしないで、

というニュアンスで使われることが多く、良好なコミュニケーションのためには欠かせない方言で、個人的には標準語にしたいくらいです。

上の会話と似たような感じですが、こんな使い方もあります。

お客さん:「わ〜あの魚ピッチピチ!うまそ〜!でもさばけないよ〜」

魚屋さん:「刺身にしてやるが?」

お客さん:「ほんとに?ありがとうございます!」

魚屋さん:「なんもだ〜!」

相手が感謝してくれたり、喜んでくれたりしたとき、

「なんもだ〜(どういたしまして〜)」

と使うことが多いです。

いやぁ 、方言って本当にいいものですね〜(*^_^*)

当事務所へのお問い合わせ

当事務所のサービスについて何かご不明な点や、お困りのことがございましたら、お電話またはお問い合わせフォームにてお問合わせください。

なお、労働者派遣事業の許可申請のご依頼、有料職業紹介事業の許可申請のご依頼は、資料をお送りします関係上「お問い合わせフォーム」よりお問合わせください。

「ヒューマントレジャーのウェブサイトを見た」とお伝えください。
Top