ヒューマントレジャーサポートオフィス

一番わかりやすい「基準資産額」の求め方

派遣&職業紹介の許可申請マニアこと、
ヒューマントレジャーサポートオフィス 副代表 増井いづみ です。

悩む箇所、理解が難しいと感じる箇所、がだいたい同じなのですよね。

基準資産額に関するお問い合わせがあまりにも多いので、わかりやすく図解してみました。

お悩みの経営者様、ご担当者様のお役立ていただければうれしいです。

準備

基準資産額は「貸借対照表」から計算できます。

まずはお手元に、最新の「貸借対照表」をご準備ください。

貸借対照表とは

貸借対照表は、大きく分けて「資産の部」「負債の部」「純資産の部」の、3つから構成されています。

以下が貸借対照表を図解したものです。

基準資産額の計算式

基準資産額は以下の計算式で求めることができます。

  • 基準資産額=【資産総額】−【負債の総額】−【繰延資産】−【営業権(のれん)】

基準資産額の簡単な計算式

上記の図で説明しますと

  • 基準資産額=⑤ー②ー③

5番から2番を引き算し、その計算結果の数字からさらに3番を引き算して求められた数字が「基準資産額」です。

計算できましたでしょうか?

資産要件をクリアしていないと、許可申請手続きができませんので、この計算を間違ってしまうと大変です!

資産要件

派遣許可の資産要件についてはこちらをご確認ください。
yajirushi資産要件【派遣許可の場合】(派遣&職業紹介の許可申請マニアのブログより)
有料職業紹介許可の資産要件についてはこちらをご確認ください。
yajirushi資産要件【有料職業紹介許可の場合】(派遣&職業紹介の許可申請マニアのブログより)
この図をご覧いただいても基準資産額がご不明な方、御社の貸借対照表に記載された科目が見当たらなくてよく分からない方、基準資産額の金額が計算した結果で間違っていないかどうかご不安な方、は遠慮なく当事務所へご連絡ください。

当事務所へのお問い合わせ

当事務所のサービスについて何かご不明な点や、お困りのことがございましたら、お電話またはお問い合わせフォームにてお問合わせください。

「ヒューマントレジャーのウェブサイトを見た」とお伝えください。
Top