ヒューマントレジャーサポートオフィス

1,000件超は先見できた?(許可申請成功)

派遣&職業紹介の許可申請マニアこと、
ヒューマントレジャーサポートオフィス
副代表 増井いづみ です。

昨日は東京労働局で、もう1社様の派遣事業の許可申請手続きをしました。

こちらも無事に受理されました。

めでたいです!

今回のお手続きは、特定派遣からのお切り替えでした。

昨年末に代表様からお問い合わせをいただき、年明けにご契約、お客様に派遣事業の許可要件をクリアしていただき、申請準備が整いましたので昨日に許可申請手続きを行いました。

今回はとても特殊な条件下でのご申請でしたので、窓口役人に何度も確認をしながら慎重かつ丁寧に手続きをすすめました。

お客様が許可要件クリアされたと同時に申請手続き、無事に書類が受理され、私もホッとしました。

さて、毎月、許可申請手続きのお問い合わせやご依頼を多くいただくのですが、その中に以下のようなお話が・・・

  • 手続きを依頼した社会保険労務士が、役所窓口が混んでいたからと手続きせずに帰ってしまった。信じられない!
  • 今、派遣業の許可申請を依頼している社会保険労務士の手続きが滞っているので、手続きが早いあなたにお願いしたい!

こ、これは・・・!

ご依頼された企業様も、依頼を受託した社会保険労務士にとってもなんとも不幸な話・・・(涙)

今月の東京労働局の派遣業の申請件数は、5月の1ヶ月間だけで「1,000件」を超えていますので、役所の受付窓口は大変混み合っています。

(現在、3時間以上待ちの覚悟が必要です)

1ヶ月の申請件数が100件超えれば「今月は多い!」と言っていた、あの数年前の「平和な頃」が懐かしいです。

現在の状況をご存知ない方は、次の予定を入れてしまっていらっしゃるのでしょう、自分の番が来るまで待つことができず、帰られてしまう方も多いです。

許可申請手続きは独特ですので、手続きに慣れていないと申請書類が受理されるまで、何度も役所窓口へ通うことになりますので、手間と時間がどうしてもかかってしまいます。

窓口へ申請書類の内容についての相談も「気合いが必要」となり、気軽に相談できないような状況です。

・・・・・・

厚生労働大臣の許可が下りないことには派遣業も有料職業紹介業もスタートできません。

依頼する側、受託する側、どちらもが満足のいく結果となることを願うばかりです。

〜今回の手続き〜
・ご契約日:2018年1月中旬頃
・申請書類受理日:2018年5月25日

当事務所へのお問い合わせ

当事務所のサービスについて何かご不明な点や、お困りのことがございましたら、お電話またはお問い合わせフォームにてお問合わせください。

「ヒューマントレジャーのウェブサイトを見た」とお伝えください。
Top