ヒューマントレジャーサポートオフィス

「左馬」で新年をスタートしました

2014年1月1日

あけましておめでとうございます。

将棋で人事労務® を伝える文京区の社会保険労務士 山岡 です。

元日の東京は穏やかな天候です。

おかげさまで清々しい気持ちで新年をスタートしています。

新年最初のブログは、商売をされているお店などで時々見かける置き駒「左馬(ひだりうま)」のことを書いてみたいと思います。

hidariuma
今年は左馬のように!

 
馬を左右反転させた「左馬」は商売繁盛や、福を招く、縁起の良い駒とされています。

将棋の駒の「馬」も、守りに関しては金銀三枚に匹敵すると言われていますので、うなづけます。

角が成ると・・・馬の守りは金銀三枚

私は乗馬の経験がないので詳しいことは分かりませんが、馬に乗るときに右側から乗ると馬がつまずいて、人が落ちてしまうことがあるため、左側から乗ると良いのだそうです。

そのほかにも、

・通常は人が馬をひいて行きますが、その馬が逆になっているため、馬が人をひいて(招いて)くることから商売繁盛につながる。

・「馬(うま)」が左右反転しているため「まう」と読むことができ、おめでたい席で「舞う」ことを連想させる。

・「馬」の字の下の部分が財布の巾着の形に似ているため、入ってきたお金が逃げていかない。

など、左馬の由来は諸説ありますが、いずれにしてもおめでたい感じがしますね。


左馬のように、今年が皆様にとって良い年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

当事務所へのお問い合わせ

当事務所のサービスについて何かご不明な点や、お困りのことがございましたら、お電話またはお問い合わせフォームにてお問合わせください。

なお、労働者派遣事業の許可申請のご依頼、有料職業紹介事業の許可申請のご依頼、は、資料をお送りします関係上「お問い合わせフォーム」よりお問合わせください。

「ヒューマントレジャーのウェブサイトを見た」とお伝えください。
Top